インプラントとは

皆さんは歯の健康を保てていますか?かつて、8020運動というものがありました。
これは80歳になった時に20本以上自分の歯を残しているように目指す、という運動です。
歯は年齢と共に衰えてきて、段々と失われる機会が多くなっていくものでもあります。
そうなった時、どのように対処するのか、というのは時代によって大きく変わってきました。
これまでの失った歯への対策といえば「入れ歯」や「差し歯」というのが一般的なものでした。
もちろんこれは現在でも多く使われており、劣った技術というわけではありません。
これらの技術も進んできており、かつてよりも性能がよいものが作れるようになってきているのも事実です。
しかし、これはやはり偽物の歯という感覚が強く、どうしても自分の歯のようには使えない傾向がありました。

そこで新しく登場したのが「インプラント」という方式です。
インプラントはこれまでの人工歯とは違ってより自分の歯のような感覚で利用することが出来るという特性があります。
入れ歯の場合には固いものを食べられなくなりがち、というデメリットがありましたが、インプラントにおいてはこれが解決されています。
では、どのような仕組みでもって弱点を克服しているのでしょうか?また、インプラントにはインプラントのデメリットはないのでしょうか?この先ではそのような「インプラントの基本」を中心にして紹介します。
今後、人工歯を利用する場合の参考としてみてください。